営業革命

戦略的な営業手法 

ブラッシュアップ営業法   不動産営業会社ではまず教わることのない、対面営業販売での営業ノウハウ大公開

営業を長期の視点でとらえれば、失注客にニーズが生まれるころに、再びアプローチをかけて、受注客に変えることも可能なのです。それは、1年後かもしれませんし、3年後かもしれません。しかし、ニーズが高まる時期が来れば、高い確率で買ってもらうことができるのではないでしょうか

サイトマップ

戦略仮説検証は営業マンの重要な仕事

企業戦略は仮説にすぎない

人口減少により、マーケットが縮小している現在、経営戦略を立てることは容易なことではありません。



ひと昔前とは違い、横並びや相対戦略では、企業は生き残れないのです。

そこで、独自の戦略を打ち出す必要があります。

しかし、独自の経営戦略も、それが必ずしも正解であるとは限りません。

今は、戦略に正解がない時代ともいえるでしょう。

また、戦略はあくまでも仮説に過ぎません。

仮説であれば、それを検証する必要があります。

戦略を検証するためには、次のような仮説検証ループを回すことになります。


@戦略仮説→A実行→B仮説検証→C戦略修正→@に戻る



もし、仮説を検証した結果、それが間違っていたなら、戦略を修正して、新しい仮説を立て直し、もう一度、仮説検証をしなくてはなりません。

こうしたループを何度も繰り返すうちに、独自の戦略を見出すことができるのです。

経営戦略の仮説を立てたら、検証を実行します。

そして、その実行の最前線は営業現場です。

戦略実行は、市場になんらかのアプローチをしなくてはできないからです。

営業現場の最先端にいるのは、営業マンです。

このように、経営戦略は、営業現場からのフィードバックされた市場動向にもとづいて、見直しを行う必要があります。

経営戦略が正しければ、市場の反応はよくなり、営業の仮説検証ループもうまく回ります。

反対に、経営戦略が外れていれば、市場の反応は悪くなり、仮説検証ループはうまく回らなくなります。

そのためには、何度も仮説検証を繰り返し、戦略の精度を高めることが重要です。

さらに、仮説検証のループは、できる限り早く回す必要があります。

営業の仮説検証ループは、日々の営業活動そのものです。

そして、戦略仮説検証は営業マンの重要な仕事でもあるのです。

内向的営業マンのためのシナリオトーク術
TOP
受注率は長期で見る
顧客のニーズをつかむことが営業の出発点
効率的な営業
新規顧客の獲得
既存客のフォローも営業マンの重要な仕事
売れる商品は営業マンがつくる
戦略仮説検証は営業マンの重要な仕事
月収1500万!見るだけであなたをTOP営業マンに変える、伝説の極秘ノウハウ!
ガンガン売れる!『できる営業マンの仕事術』
「オール電化 究極の営業術」 驚異の新規開拓トーク
介護業界訪問営業トーク術
保険営業・初対面でもお客さんが身を乗り出して話しを聞いてくれる魔法のセールストーク
信託銀行 金利


















































戦略的な営業手法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。