営業革命

戦略的な営業手法 

ブラッシュアップ営業法   不動産営業会社ではまず教わることのない、対面営業販売での営業ノウハウ大公開

営業を長期の視点でとらえれば、失注客にニーズが生まれるころに、再びアプローチをかけて、受注客に変えることも可能なのです。それは、1年後かもしれませんし、3年後かもしれません。しかし、ニーズが高まる時期が来れば、高い確率で買ってもらうことができるのではないでしょうか

サイトマップ

受注率は長期で見る

失注客にはニーズが生まれるころに再アプローチをかければよい
営業の仕事の中で、実際に商談をしている時間は2〜3割程度で、それ以外の時間は、移動と資料づくりなどの社内業務であるといわれています。

今期30%の受注率が4年後に83%になる
このように、失注は受注のためのプロセスと考えることができます。たとえば、今期、発生した潜在顧客に対して、今期中にどれだけ受注したのかを受注率でみたとします。

内向的営業マンのためのシナリオトーク術
TOP
受注率は長期で見る
失注客にはニーズが生まれるころに再アプローチをかければよい
今期30%の受注率が4年後に83%になる
顧客のニーズをつかむことが営業の出発点
効率的な営業
新規顧客の獲得
既存客のフォローも営業マンの重要な仕事
売れる商品は営業マンがつくる
戦略仮説検証は営業マンの重要な仕事
月収1500万!見るだけであなたをTOP営業マンに変える、伝説の極秘ノウハウ!
ガンガン売れる!『できる営業マンの仕事術』
「オール電化 究極の営業術」 驚異の新規開拓トーク
介護業界訪問営業トーク術
保険営業・初対面でもお客さんが身を乗り出して話しを聞いてくれる魔法のセールストーク
りそな 金利















戦略的な営業手法 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。